監督 指針。 運送業の指導監督指針12項目の実施の仕方と記録方法!

顧客本位の業務運営に関する原則及び金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針改正案の公表

指針 監督 指針 監督

☏ III -1-2-1 監査役会設置会社である銀行の場合• 6 危険物を運搬する場合に留意すべき事項 危険物(自動車事故報告規則(昭和26年運輸省令第104号)第2条第5号に規定するものをいう。 III -2-2-4 産業競争力強化法に関する金融機関の留意事項• II -3-1-6 不適切な取引等• III -2-1-4 社外流出制限措置• III -2-3-3 市場リスク管理• II -5-1-2 法第26条に基づく業務改善命令の履行状況の報告義務の解除• III -3-2-4-7 流動性に係る経営の健全性の状況の開示(施行規則第19条の2第1項第5号ホ、第19条の3第3号ニ、第19条の5、第34条の26第1項第4号ニ及び第34条の27の2関係)(国際統一基準行)• 以下同じ。

5
III -3-1-3 組織犯罪等への対応• III -4-11 銀行持株会社• その項目とは 「(6)危険物を運搬する場合に留意すべき事項」と 「(12)安全性の向上を図るための装置を備える事業用自動車の適切な運転方法」になります。

バス運転者の指導・監督指針を改正

指針 監督 指針 監督

😚 III -2-3-2-3-2 主な着眼点• II -2-4 生命保険会社の区分経理の明確化• III -10-1 意義• リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しており,リンク先のURLは平成23年1月5日現在のものです。 III -2-3-2-5-1 意義• 同条では「金融商品取引業者等並びにその役員及び使用人は、顧客に対して誠実かつ公正に、その業務を遂行しなければならない。

20
3.改正理由・背景等の把握 上記2.で紹介しました「パブリックコメント」にある参考資料のうち、改正趣旨のような資料も公開されることが多く、問題2の語句説明問題対策として大いに役立つでしょう。

保険会社向けの総合的な監督指針 : 金融庁

指針 監督 指針 監督

🤝 II -1-7 銀行等が提出する申請書等における記載上の留意点• IV -5-1 保険料• V -4-1 意義及び着眼点• V -1-11 保険募集に従事する役員又は使用人の届出の取扱い• III -4-16 産業競争力強化法に関する銀行の留意事項• IV -5-2 責任準備金• III -6-3 消費者向け貸付けを行う際の留意事項• I -1-1 貸金業の監督の目的 I -1-2 貸金業監督の基本的枠組み I -1-3 貸金業監督部局の基本的役割 I -1-4 貸金業者の監督に当たっての基本的考え方• III -1-3 品質管理• III -3-6 事務リスク• II -3-8 資産負債の総合的な管理• III -2-3-1-1 リスク管理の意義• III -1-2 検査・監督事務の具体的手法• 該当していなければ、除外してもOKな項目 なお、事業内容によっては、除外してもOkな項目があります。

15
VIII -4-2-7-3 所属銀行の説明書類等の縦覧• IV -6-2 保険商品審査にあたっての手順• III -3-2-4-1 重要性の原則の適用• III -2-15 説明書類の作成・縦覧等• VIII -3-2-1-1 許可の要否• IV -1-14 特別勘定又は積立勘定を設ける商品• 今回ご紹介したポイントを含めて、監督指針をしっかりと読み込んで、アクチュアリー試験の早期合格を目指したいですね。 III -2-9 保険相互会社における社員配当規制の適用免除• III -2-3-1-2 統合リスク管理の意義• 最近の生保コースの出題傾向として、監督指針からの穴埋め問題が多くなっています。

監督指針

指針 監督 指針 監督

☘ III -2-3-4-4-1 意義• 5 過積載の危険性 過積載に起因する交通事故の事例を説明すること等により、過積載が事業用自動車の制動距離、安定性等に与える影響を理解させるとともに、過積載による運行を行った場合における貨物自動車運送事業者、事業用自動車の運転者及び荷主に対する処分について理解させる。 III -2-1-1-2-3 十分な自己資本維持のための方策• III -3-5-3-2 指定ADR機関が存在しない場合• 1 事業用自動車を運転する場合の心構え 貨物自動車運送事業は公共的な輸送事業であり、貨物を安全、確実に輸送することが社会的使命であることを認識させるとともに、事業用自動車による 交通事故の統計を説明すること等により、事業用自動車による交通事故が社会に与える影響の大きさ及び事業用自動車の運転者の運転が他の運転者の運転に与える影響の大きさ等を理解させ、事業用自動車の運行の安全を確保するとともに他の運転者の模範となることが事業用自動車の運転者の使命であることを理解させる。 II -3-3 リスクの測定• IV -2-2 任意加入制団体定期保険• III -1-8 災害における金融に関する措置(災害対策基本法等関係)• III -6-4-3 監督手法・対応• VIII -3-2-2-3 社会的信用に関する審査• III -2-1-2-4 監督手法・対応• II -5-3 意見交換制度• III -2-3-3-3 監督手法・対応• III -1-2-2 指名委員会等設置会社である銀行の場合• III -2-3-2-4 カントリーリスク管理• III -2-3-3-2 主な着眼点• IV -1-7 告知義務違反に基づく契約解除期間• III -2-4 預金口座を利用した架空請求等預金口座の不正利用に関する情報を受けた場合の対応• III -3-1-4 反社会的勢力による被害の防止• VIII -3-2-3-2 不許可の場合の取扱い• V -2-6 保証金の追加供託命令の通知• VIII -3-2-2-2 業務遂行能力に関する審査• II -3-2 照会に対する回答方法• VII -1-5 有人店舗を持たずインターネット・ATM等非対面取引を専門に行う場合の顧客保護等の観点• 「(6)危険物を運搬する場合に留意すべき事項」危険物を運搬していない運送会社は関係ない話ですし、「(12)安全性の向上を図るための装置を備える事業用自動車の適切な運転方法」は、安全性の向上を図るための装置(被害軽減ブレーキやクルーズコントロール等)が車両についてなければ、乗務員に指導しても意味がないからです。

16
(>) 5.行政監査ではどのように見られる? それでは、仮に行政監査が行われたとき、この指導監督指針の第1章にある乗務員全員に対する安全教育はどのように見られるのでしょうか? これは、全ト協が発行している 「指導・監督指針~改正のポイント~」に詳しく記載されています。

貸金業者向けの総合的な監督指針:金融庁

指針 監督 指針 監督

😂 「金融商品取引業者は、適正な投資勧誘の履行を確保するために整備した態勢に基づいて、顧客に対する誠実公正義務を果たす必要がある。 V -5-2 主な着眼点• V -1-10 廃業等の届出• III -8-3-2 災害における金融に関する措置(災害対策基本法等関係)• III -3-1 照会を受ける内容の範囲• V -2-4 保証金の保管替え等• VII -3-8 グループベースの流動性リスク管理態勢• 以上を踏まえ、例えば以下のような点に留意して検証することとする。

15
V -1-7 適正な保険募集体制の確立• 認可特定保険業者向けの総合的な監督指針 本文( ・ )• V -5-1 保険仲立人の手数料等の開示• 新たな指針は、指導監督の項目を従来の10項目から11項目に増やし、貸切バスの初任運転者について安全運転実技指導(20時間)を義務化するなど、運転者教育の強化を図っています。

運送業の指導監督指針12項目の実施の仕方と記録方法!

指針 監督 指針 監督

⚑ このように、日常生活で用いる言葉(分別管理など)を組み合わせることで、保険特有の専門用語が作られている場合、そこからの出題可能性も高いと考えられます。

13
今回の改正案においては、顧客本位の業務運営に関する原則に注記が追加されていますので、内容を把握する必要があります。

アクチュアリー第2次試験対策(監督指針の改正)

指針 監督 指針 監督

🤑 III -3-1-5-2 着眼点と監督手法・対応• III -3-2-2 財務報告に係る内部統制• III -2-3-2-6 信用リスク管理に係る監督手法・対応• 5.穴埋め問題 区分経理の資産区分について、「資産分別管理方式」、「資産単位別持分管理方式」および「資産持分管理方式」に関する穴埋め(実際の出題では前2つの用語)が、2018年度(生保2)問題1(3)で出題されました。 III -8-3-1 総論• III -7-1 意義• II -4-1 行政指導等を行う際の留意点• III -3-8-2 主な着眼点• VIII -3-4 兼業承認申請に係る事務処理• V -5-6 保険契約の募集上の留意点• III -3-1-1 不祥事件等に対する監督上の対応• )の売買の代理・媒介会社の取扱い• II -2-4 預金口座を利用した架空請求等預金口座の不正利用に関する情報を受けた場合の対応• III -2-3-1-3 リスク管理に共通する主な着眼点• II -2-4 信用リスク• III -3-5-2-1 意義• III -3-5-3-1-1 意義• III -3-5-3 金融ADR制度への対応• 以下の理由で、当社が推奨している商品になります。 II -2-2-2 早期警戒制度• V -3-1 保証金の一部に代わる保険仲立人賠償責任保険契約による保証金の一部の代替• 実際、今回の改正については、 をご覧いただければ豊富な資料が公開されていますので、大いに活用したいですね。

9
V -1-12 役員又は使用人の届出書の記載要領• 貸金業者向けの総合的な監督指針 令和2年4月• III -5-3 監督手法・対応• 少額短期保険業者向けの監督指針 本文( ・ )• III -3-2-3 銀行に求められる開示の類型• III -2-1-2-1 意義• 証券会社向けの総合的な監督指針(平成19年9月30日廃止)• II -3-2 リスクの特定及びリスク・プロファイル• その上で、顧客に対してこのような合理的な理由を欠く投資勧誘行為や、不適当又は不誠実な投資勧誘行為が行われないようにする必要がある。 III -7-2 主な着眼点• III -2-1-2-3 マーケット・リスク規制の適用対象取引に関する内部管理等(19年3月期より適用)• 関係府省においては、今後、企業において、本指針に示す事項が実施され、その実効が上がるよう、普及啓発に努めることとする。

貸金業者向けの総合的な監督指針:金融庁

指針 監督 指針 監督

😝 II -3-4 グレーゾーン解消制度• III -3-3-2 預金・リスク商品等の販売・説明態勢• この項目で違反と認定されると総合日車数でかなりの量になってしまいますので、自社努力で改善できるところは改善しておきたいところです。 。

19
。

金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針:金融庁

指針 監督 指針 監督

🤛。 。 。

14
。 。