野口 五郎 アプリ。 超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…(文春オンライン)

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…

アプリ 野口 五郎 アプリ 野口 五郎

😎 だが、CDが登場してデジタル化が進むなかで、コンテンツをつくるアーティストと、そのコンテンツを売ってビジネスをする人たちとがはっきり分かれ、後者がイニシアティブを握るようになる。 デビュー50周年の節目とも聞き、東京都内のオフィスを訪ねることにした。 彼は、歌できちんと思いを届けたいと追究していたところ、そもそもどうやったら届けられるのか気になり始めた。

16
いまや企業の定年も従来の60歳から65歳、さらには70歳へと引き上げられるなど、社会全体で「老後」はどんどん先延ばしされつつある。 このアプリが導入されていくことを、このブログからも発信したい。

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…|ニフティニュース

アプリ 野口 五郎 アプリ 野口 五郎

👇 以来、発作を何度も繰り返すようになり、一時は引退も考えたという。 それもあって30代半ばまでは舞台を中心に活動する。 歌手の野口五郎さん=幾島健太郎撮影 「私鉄沿線」など多くのヒット曲で知られる歌手、野口五郎さん(64)がコロナ禍の中、意外な活躍で話題になっている。

野口五郎もきょう2月23日に65歳の誕生日を迎え、今年はデビュー50周年の節目でもあるが、まだ十分に現役として活躍し、老後と呼ぶには程遠い。 もともと野口は若い頃から自分で音響機材を操ってレコーディングを行なうなど、技術的にもさまざまな挑戦をしてきた。

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…(文春オンライン)

アプリ 野口 五郎 アプリ 野口 五郎

🐲 ちょうど西城秀樹が亡くなって間もない時期で、父親もがんで亡くなっているだけに、告知を受けたときには落ち込んだ。 開発後、特許も取り、アプリはさまざまな方面で使われるようになったが、それでも野口の目的はビジネスではなく、《僕は歌手であるからこそ、このアプリを作りました。

11
だが、家族の支えにより安心感を抱くと、ある種の覚悟ができたという。

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…(文春オンライン)

アプリ 野口 五郎 アプリ 野口 五郎

😋 もう30年近く前だと思うが、老後のための年金保険のCMで、歌手の野口五郎が現在の姿から老人へと変身したかと思うと、テロップの名前も「野口ごろう」の「ご」の字が移動して「野口ろうご」に変わるというのがあった。

5
どうも野口には研究者肌のところがあるらしい。

超「研究者肌」アイドルだった野口五郎が65歳に アプリ開発、論文執筆、さらにはゴルフの研究レポートまで…|ニフティニュース

アプリ 野口 五郎 アプリ 野口 五郎

👍 もともと野口は若い頃から自分で音響機材を操ってレコーディングを行なうなど、技術的にもさまざまな挑戦をしてきた。 ゴルフを始めたのは23歳のとき。

16
そのため健康を心配したスタッフにある朝、強引に車で連れて行かれたゴルフ場で、思いがけずナイスショットを出したことから、すっかりハマってしまったという。

特集ワイド:野口五郎さんがコロナ対策アプリ開発 歌いたいから安心な環境に

アプリ 野口 五郎 アプリ 野口 五郎

😒 トップアイドルとして同年代の西城秀樹・郷ひろみとともに「新御三家」ともてはやされ、多忙をきわめていた頃だ。

16
アプリを開発したのには、そうした状況に対する危機感もあった。 だが、CDが登場してデジタル化が進むなかで、コンテンツをつくるアーティストと、そのコンテンツを売ってビジネスをする人たちとがはっきり分かれ、後者がイニシアティブを握るようになる。