上 意 下達。 「上意下達」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

上意下達の読み方はじょういかたつ・じょういげたつ?意味・使い方も

下達 上 意 下達 上 意

🤪 また、読み方は「じょういかたつ」です。 この言葉も反対語の下意上達も,ともに不可能に近いことを理想とするたいへん挑戦的な四文字熟語である。 苧とは人の言葉とならないおとの意。

8
例えば、刑事ドラマのシーンやスポーツの世界などで、上司や監督の命令に逆らえない状況などを目にすることがありますが、そのような上から下に有無を言わさない伝達手法のことを指した例文です。

上意下達は「じょういげたつ」or「じょういかたつ」?

下達 上 意 下達 上 意

⚓ また、上意下達と情報収集の機関として中間組織が形成される。

上意下達の意味とは 上意下達の正しい読み方を知っているでしょうか?これは「じょういかたつ」と読みます。 上意下達の意味ですが、 ・上位・上層部の命令や意向を、下部・下位の者に伝えて徹底させること。

上意下達と下意上達の意味とメリット・デメリット。ビジネスでの使い方は?

下達 上 意 下達 上 意

😭 また、この意味が乗じて「上層部の意見を下層部に徹底させること」という意味にもなります。

8
のびやかに跳ね回る小羊=伸びやかに進むの意。 ・組織改革の一環として、下意上達を心がけることにした。

上意下達は「じょういげたつ」or「じょういかたつ」?

下達 上 意 下達 上 意

♥ 「上位・上層部の人間の命令を下位・下層部の人間へと伝え、意志疎通を図ること」という意味があります。

4
上意下達がスムーズだから、楽に仕事ができる 上意下達の精神や文化は良い意味でも悪い意味でも使われます。

じょういかたつ【上意下達】の例文集・使い方辞典

下達 上 意 下達 上 意

🖖 この言葉を見ると、上意下達のみならず下情上通=下の感情が上にしっかり通じている様が描かれているので、必ずしも一方的な組織ではなく、下からの思いも上に伝わることが大事だとわかりますね。

一方のネガティブな意味が指しているのは、「組織内で下の立場にある人の主体性がない」という状況や「下の立場の人の意見が認められない」という状況です。 kanji to hiragana and hiragana to romaji. 上意と上位では言葉の意味が違うものになります。

上意下達と下意上達の意味とメリット・デメリット。ビジネスでの使い方は?

下達 上 意 下達 上 意

😔 しかもその協力の仕方は上意下達といふ形もあり、また下情上通といふ形に依つてもできる。 また、上意下達(じょういかたつ)を(じょういげたつ)と誤読されることが多いので、読み方には気をつけてください。

2
上意下達 意味 上位の者の意志や命令を、下位の者に徹底させること。

じょういかたつ【上意下達】の例文集・使い方辞典

下達 上 意 下達 上 意

♻ 上意下達は「じょういげたつ」or「じょういかたつ」? 正解は、「じょういかたつ」ですが、 上意下達の誤読と紹介されているように「じょういげたつ」の間違いが多いそうです。 また固定観念にとらわれない柔軟な意見も生まれやすく、新たなチャンスにもつながります。 上意下達は組織において使う言葉です。

達はしんにょう+(羊+大)の形声文字。 また、トップの意見や指示を最優先することを意識しすぎるあまり、仕事を目の前にした時に自分で考えて仕事に取り組めず、臨機応変な対応ができない環境になってしまうリスクがあります。