シティー ハンター 二 次 小説。 シティー ハンター 二次 小説 (シティーハンター)

cityhunter gallery

次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二

😁 一端堰を切った俺の思いはとどまるすべを知らず、香の甘い匂いを放つ柔らかい肌に惑溺していた。

2
もっとも相変わらず俺の両手は掌全体で優しく香の乳房を撫で回しているんだが。

絶対に読んで欲しい殿堂入りSS・二次小説 おすすめ作品まとめ【随時更新】

次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二

💕 まさか、これからキャッツに足を踏み入れないつーわけにもいかんから、まあ数日ぶりに、いつものように顔を出して、いつもの席に並んで座り、いつものようにコーヒーを飲みながら、いつものように口喧嘩をしていたら、俺達の顔を交互に見比べていた美樹が一言呟いてニッコリと笑った。 戦場で鍛えたあの野生の勘はやはりあなどれないものがあった。

2
同じ理由でとあるの麦のんも大好きです。

cityhunter gallery

次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二

🖐 「・・・ん・・や、ミック・・・やめ・・・」 後部座席で今まさに何が行われているのか。 「無理させて…悪かったな…」 香を床から抱き上げるようにして背後から足の間に抱き込めた。

15
Contents• このまま黙って大人しく揉まれてやる自信はとてもじゃないがありはしない。

by my side

次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二

😆 さすがに開くのまではできないようだがな。

6
「さて、コーヒーも飲んだし、ナンパでも行ってくっか」 大きく一つのびをして、ノソリと立ち上がる。 俺はしっかりと両足を床の上につき、その内側に香を抱き寄せた。

彼らの日常

次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二

☺ 遅すぎる。

18
大丈夫なのか、ミック。

シティー ハンター 二次 小説 (シティーハンター)

次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二

⚑ また、指を滑らせた…もう一度トップボタンのボタンホールに指を掛ける。 ん~、まず、風呂場から始めるだろう…。 やっと正座を崩したような横座りになって俺の足の間に倒れ込むように寄り添う香。

スカートがすでにたくし上げられているので、少しずつ奥に進むにつれて左右の太股が割れていく。

by my side

次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二

❤️ …勘弁、香ちゃん。 ただ小説というより台本形式の方が多いしオリジナル作品もかなりあります。 煙草も吸い終わり、コーヒーカップも空になったが、香はと言えば、相変わらず美樹とキャッキャと話をしている。

4
いや、いっそキッチンで…後片付けの最中に後から……いや、そりゃ今後のことを考えるとよろしくないか。

cityhunter gallery

次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二

👍 なれなれしく肩を抱かれて香の口がどんより歪む。

20
必死で力を込めて揉んでいるせいか、香の顔も上気して……まるでアノ時のようだった。

cityhunter gallery

次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二

🤲 …そして、新宿中にいるらしい香のファンクラブと称する怪しい連中の格好の肴にされるか、恨みを買うか。

香のカットソーを裾から掴むと上にたくし上げ、一気に首から引き抜いた。