四国 アライアンス 証券。 四国アライアンス地域創生ファンド

四国アライアンス地域創生ファンド

証券 四国 アライアンス 証券 四国 アライアンス

✊ 四国アライアンス4行と東証との協働により、四国地域の企業の成長を促進し、当地域の更なる経済活性化や発展に寄与することを期待しています。 四国を取り巻く経済環境は依然として厳しく、少子・高齢化、産業の空洞化が進むなか、事業者数、従業員数ともに減少が続いています。 ファンド概要についての注意 資金動向、市況動向等によっては、上記の運用方針のような運用ができない場合があります。

12
投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合がありますが、これによる損失は購入者が負担することとなります。

四国アライアンス地域創生ファンド

証券 四国 アライアンス 証券 四国 アライアンス

☣ 1 1 ジャパンセレ 13,894 13894 -482 -482 -3. また、税金・手数料等を控除しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。 購入金額については元本保証および利回り保証のいずれもありません。 沿革 [編集 ]• したがって、投資元本が保証されているものではありません。

13
設立 2012年2月 資本金 30億円 従業員数 110名(2021年1月現在) 売上高 営業収益 19億83百万円(2020年3月期) 代表者 代表取締役 栗田 修平 事業所 【本社】愛媛県松山市三番町5丁目10番地1 伊予銀行本店南別館3階 【本店営業部】愛媛県松山市三番町4丁目4番地6(松山センタービル2号館1階) 【今治支店】愛媛県今治市常盤町4丁目2の1(伊予銀行今治支店4階) 【新居浜支店】愛媛県新居浜市繁本町5の20(伊予銀行新居浜支店2階) 【八幡浜支店】愛媛県八幡浜市380の1(伊予銀行八幡浜支店内) 【宇和島支店】愛媛県宇和島市新町2丁目8の3(伊予銀行宇和島支店内) 【四国中央支店】愛媛県四国中央市三島中央1丁目5の16(伊予銀行三島支店3階) 沿革 2012年 会社設立 開業 本店営業部 開設 新居浜支店 開設 今治支店 開設 宇和島支店 開設 2013年 八幡浜支店 開設 2017年 四国中央支店 開設 2018年 「四国アライアンス証券」に商号変更 【新型コロナウイルス感染症への対応】 個別説明会等の開催を現在検討中です。

企業情報|四国アライアンスキャピタル株式会社【公式】

証券 四国 アライアンス 証券 四国 アライアンス

😂 - ・・にて商品取り扱いを開始。 73 3573147369 - 9 9 バンクHあり 8,862 8862 0 0 0 27. 当ファンドのご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります。

1
当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たりの価額を、それ以外のファンドについては1口あたりの価額を表示しています。 分配金が支払われない場合もあります。

四国アライアンス証券株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2022

証券 四国 アライアンス 証券 四国 アライアンス

😃 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。 本ウェブサイトは、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について同社が保証するものではありません。 22 16022188606 - 2 2 かけ橋成長 19,625 19625 -309 -309 -1. 信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。

8
お申込に際しては、投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、または同時にお渡し致しますので、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。

「四国アライアンス」四国の地方銀行4行と東証、四国創生を目指して連携 -基本協定を締結-

証券 四国 アライアンス 証券 四国 アライアンス

🔥 四国に本店を置くが証券子会社を設立するのは初めてである。 3%(税込) ・信託財産留保額:ありません。 宮原 幸一郎(みやはら こういちろう)株式会社東京証券取引所代表取締役社長は、「今回の協定は、四国地域において歴史ある金融機関である四国アライアンス4行との協力が進み、非常に嬉しく思います。

是非、信頼できるパートナーとして私共にお声掛けください。

四国アライアンス 地域創生ファンド(年1回決算型)(愛称:四国の未来(年1回)) / 大和アセットマネジメント株式会社

証券 四国 アライアンス 証券 四国 アライアンス

❤ 90 11690992052 現在、新規の募集・販売を停止しております。

18
47 103047171478 - 8 8 投資ソムリエ 12,184 12184 -84 -84 -0. 加えて証券会社を通して購入していない場合には投資者保護基金の対象にもなりません。